読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成功者の習慣

成功を身につけるのはピラミッドを構築する作業である。

仕事が進まない…生産力悪いと感じた時の改善点

 人の体調が丸1日いい時などない。集中力だって1~2時間あればいいぐらいだろう。

自分の場合は午前中はいいんだけど、お昼を食べた途端に眠いだるい感じのパターンが多い。何より目の疲れが辛い。

 

時間帯で作業を分ける

 時間帯によって変わる体調の変化がわかってきたら、それに合わせてやるべき作業を振り分ければいい。ということで、自分の場合は終わらせておきたい重要なことは午前中にやるようにしている。

まずは、眠気も目の疲れもさほどない午前中こそ自分が最重要で終わらせたい事を行うようにしている。

 午後は休める様なら完全に休む無理などしない。

イタリアなどは昼休みに3時間もあるそうでイタリア人が陽気で明るい気質もそこから来ているのかもしれませんね。

カラダも心も余裕がないと充実した仕事などできません。

 

気分がのらない時の対策を考えておく

 時に疲れとは別に気分的にやる気がでない、落ち込んでやる気分になれない、人はちょっとしたことで落ち込んだり気に病むことがあったりするものです。

人それぞれ、そんな時の為に準備していることでしょう。例えば勇気や元気が出る漫画の有名なセリフや名言なんかも有効ですし、画像や曲、動画など気分を晴れやかにします。

個人的に一番やる気が出る方法は1年後5年後10年後の自分の姿を思い描くこと!理想や優雅に満喫している姿を思い描くその為にこれだけはやろうってやる気になってくる。

 

 集中力が無い時

 時間帯によっては集中力が無くてあれやったり、これやったり…

個人的には一つの作業が終わって、集中力がとぎれた後に、なかなか次のことに進めないんですよ。下手するともうその日はやっておいた方がいいことをやらずにそのままなんてことも度々あるんです。もう、ダラダラモード全開です。

そこで対策を打っておきたい、次に取り掛かるための仕掛けです。

1・ノートに優先順位を書いて上からチェックしてゆく。

 今どれくらい作業が進んでいるか脳がわかっていることが大事、それにチェックしていると何だかそれをゲーム感覚で終わらせたい気持ちになる。

 

2・集中力が無くなることをあえて受け入れる。

 自分に過信しない、過剰に期待しない、少し進めたことを喜ぶ。

集中力がなくなる原因は何かにつまづいた時とか、なかなか前に進まない時とか、問題が起きた時だと思うんです。

そんな時は過剰に進める必要はなくて思っていたことの10分の1出来たことに喜び明日もやろうと思うこと。小さく初めて長くやればいいんですよ。人って少しずつ慣れてくるので一度に全部なんて無理なんです。

庭の草取りだって、やり始めると腰は痛いし手も痛いしすぐに嫌になるけど、そんな時はスパッと辞めて、明日に、そしてまた少し進める、それを1週間も続ければかなり広い庭でも一角が綺麗に草が取れている。もしかしたら全て終わっているかもしれません。

 

3・集中力がなくなったらあえて昼寝をしてしまえ

 朝や午前中が集中力があるのならば、その状態にまた戻せばいいっていう発想だ!

ただ寝るだけじゃなく、起きた時にやるべきことを思い浮かべ、集中している姿を脳の中で繰り返す。脳の中で考えていることは実際にやらないと気が済まなくなってくるので結果的に集中する。疲れた目も休ませることができるので一石二鳥だ。

 

夜もダラダラせずに考えておく

 1日の流れで重要なのが夜の時間の使い方、リラックスしてテレビや映画を見るのもいいですが、人より何かを一歩進めたい、理想の生活や将来の不安を解消する為には夜こそ、その時間に充てるべきかもしれません。

それはもう、5分でも10分でもいいと思うのです。将来の為に何でもいいです。ちょっとだけ準備するのがいいと思うのです。

健康の為にマラソンでもやろうかなって思っていても走るためのシューズが無かったり、走る時の服が無かったり、準備の方が時間が必要だったりするわけですから。じゃぁ今日は靴だけでも買っておこうかってことになるんです。

これは単純にマラソンで考えてみたことですが、将来投資をしようとかも一緒だと思うんですよね。まずはお金を貯めてなんて漠然と考えるより、証券会社に口座を開き、値動きの仕組みやチャートの動きなんかを見たり実際に2~3万円の株を買ってみて眺めてみたり。そういうことを夜の時にちょっとだけ準備がてらやったりした方がはるかにいいわけです。

 

まとめ

  人って弱いんですよ、自分で自分なんかコントロールできないんです。まずはそれを受け入れるしかない。それを踏まえて対策を考えておく。

小さな達成感に浸る。そう考えると小分けにした、やるべきことを書いたノートに終わったことのしるしを一つ付けることで達成感を味わうことができる。

それを毎日続けることで大きな成功を手に入れることができる。やらなきゃいけないことに常に追われるのではなく、将来やっておいた方がいいことを先回りしてやっておくことで心の余裕、生活の余裕ができる。

スポンサーリンク